待望の7インチブック、ついに発売です!

お待たせしました! うつくしきひかりと惣田紗希による7インチ・ブックがようやく完成しました。9月4日リリース予定。穏やかで、そして強く、心を締め付ける音楽です。 More »

緻密に編み込まれたポップネス、穏やかなようで鋭い刺を持った言葉。yojikとwandaのサード・アルバムが完成。驚け、いや、自分たちが驚いた。 More »

 

Tara Jane O’Neilのアートブック、リリース!

「sweet dreamsの11」に合わせて来日するタラ・ジェイン・オニールのソロ・ライブ、ご予約いただけましたでしょうか? そんなタラのソロライブでのみ発売される、リソグラフによるアートブックを現在鋭意製作中です! こ

Tara Jane O’Neil solo performance!!

国内盤をリリースするスウィート・ドリームス・プレスの11周年記念イベントのため急遽来日となったタラ・ジェイン・オニール、唯一のソロ公演が決定。アンビエント感のただようエクスペリメンタルなパフォームと、時に激しく時に静謐に

デイヴィッド・グラブス 急遽来日ライブ!

昨夏来日し、日本中を細かく縦断。その穏やかな人柄と緻密かつ空間性のある音創りで多くの聞き手を魅了したデヴィッド・グラブス。特に、宇波拓とのギター・デュオは、これまでの数多くのコラボレーションとも異なる、躍動感と静謐が、そ

popo / Gofish Wレコ発!!!

新作『azemichi』が静かに広がり始めている、最強のグルーヴで魅せる小さな楽団、popo。2017年の年末に大阪はhopkenにて発売記念ライヴを行なった彼らが、久しぶりに東京にやってきます! 東京でのライヴは、もし

かえる目、フォッサマグナをひとまたぎ。

2016年の年の瀬に、名盤『切符』をリリースしたかえる目。その独特、特別、異様、でも素敵な世界観は、他と比べるものなし……なんだけれど、どのジャンルにも入ることができず孤高感さえ漂い始めた次第。でも、かえる目は、そんな小

popoの3rdアルバム『azemichi』、12/13にリリース!

音のスキマから、自分がどこにいて何をしているかが、暖かく伝わってくる。 より確信的で、軽妙さも増したスカ・ジャズ・サイケ?なアンサンブル!(エマーソン北村)  2本のトランペットとオルガン、だけ。そのシンプル極まりない組

DAVID GRUBBS & TAKU UNAMI Tour 2017

2016年の冬、久々のソロでの来日ツアーにおける、知的かつエモーショナルな演奏で、音楽家としての素晴らしさをあらためて見せつけた、デヴィッド・グラッブス。前回は氏が出版した書籍の翻訳本『レコードは風景をだいなしにする』に

平成の大傑作! かえる目『切符』完成!!!!

メンバー大絶賛! ついにかえる目が動き始める! メンバー大絶賛、の煽り文句は嘘じゃない。というか、そりゃ、メンバーは大絶賛するよな、どのバンドも。いや、そういうことじゃない。本当に素晴らしいんだ、このアルバムは。ずっと聴

David Grubbs Japan Tour 2016

ホントーーーーーーーーーに久しぶりの海外アーティストの招聘を行なうことになりました! 約13、4年前から、現在sweet dreamsとして活動を続ける福田教雄氏と共に、「Channnel」名義で海外アーティストの招聘企

yojikとwanda、『フィロカリア』を聴く前夜。

東京と大阪を行き来しながら、ありそうで、でもどこにもないたおやかなポップスを編み続けるyojikとwanda。これまで2枚のアルバムをリリース(これ、めっちゃいい!)してきた彼らのフル・アルバムを当方compare no