DAVID GRUBBS & TAKU UNAMI Tour 2017

2016年の冬、久々のソロでの来日ツアーにおける、知的かつエモーショナルな演奏で、音楽家としての素晴らしさをあらためて見せつけた、デヴィッド・グラッブス。前回は氏が出版した書籍の翻訳本『レコードは風景をだいなしにする』に伴ったツアーでしたが、今回は、日本を代表する実験音楽家であり、グラッブスとは古くからの友人でもある宇波拓とのコラボレート・ツアーと相成りました。また、このコラボレートは今回限りではなく、この先も丁寧なレコーディング作品もリリースされる予定。

パンクをスタート地点として、実験的なサウンドへと向かったデヴィッド・グラッブス、ジャズをベースとしてより静謐なサウンドへと歩を進めた宇波拓。お里は違えども、優れた二人のギタリストの共演は、間違いなく刺激的なものになるはず。もちろん、デヴィッド・グラッブスのソロ・パフォーマンスもあり、歌ものもあり、エクスペリメンタルなサウンドもありと盛りだくさんな内容になりそうです。

何よりも、驚きのある音楽、それがこのデュオの音です。

◆ Tour Schedule

8月4日(金) 長野県 松本市・Give Me Little More.  【予約】 〒390-0811 長野県松本市中央3-11-7 前売:2,500円/当日:2,800円   7:00オープン/7:30スタート w / Sho Sugita + Thom Bane、玉屋

8月5日(土) 愛知県 名古屋市・Parlwr(パルル)    【予約】 〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ1階 前売:2,500円/当日:2.800円   7:00オープン/7:30スタート w / ett  (←新たに決まりました!)

8月6日(日) 福井県 敦賀市・Toklas    【予約】 〒914-0062 福井県敦賀市相生町14-28-1 前売:2,500円/当日:3,000円    6:00オープン/6:30スタート w / popo

8月9日(水) 京都府 左京区・外(soto)  【予約】 〒606-8427 京都府京都市左京区 鹿ケ谷法然院西町18 前売:2500円/当日:3000円    7:00オープン/7:30 8:00スタート

8月11日(金・祝) 東京都 吉祥寺・キチム   【予約】 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビル地下1階 前売:2,800円/3,000円              6:30 オープン/7:00スタート
【エラーで一時的に予約ができなくなっておりました。まだまだ前売りありますのでよろしくお願いします!】

【協力】Empty Gallery(香港)、hibari music

grabbs_ph◎デイヴィッド・グラブス (David Grubbs)

1967年生まれ。ニューヨーク在住。ジョージタウン大学を卒業後、2005年にシカゴ大学博士課程を修了。現在ニューヨーク市立大学の准教授としてブルックリン校音楽院、及び大学院でパフォーマンス及び相互メディア芸術、及び文章創作のコースで教えている。専門領域はサウンドアート、実験音楽、ポピュラー音楽、録音、詩ほか。雑誌『The Wire』『Frieze』等で記事・論文を発表。 ギタリスト/シンガーソングライターとして、80年代からパンク~ポスト・ハードコア・バンドの「スクワール・バイト」「バストロ」を経て、ジム・オルークとのバンド「ガスター・デル・ソル」で活動。98年以降はソロを主軸に活動。自身のレーベル「Blue Chopstick」を主宰。

 

taku_ph◎宇波 拓 (Taku Unami)

1976年生まれ。東京在住。十代よりギターやコンピューター、そのほかの日用品を用いた即興演奏を行なってきた実験音楽家/作曲家。リーダーを務めるストレンジチェンバーバンドHOSEはもとより、細馬宏通らとのポップバンド、かえる目、佳村萌/秋山徹次とのホンタテドリ、豊田道倫 & mtv Band 等々、数多くのバンドで活動を続ける。また、国内外での演奏も数多く、エリック・ラ・カーサやマッティンら、多くの実験音楽家たちとのコラボレート作もリリースしている。卓越したエンジニアリングの技術も持ち、近年は映画のサウンドトラック等の制作も数多く行なっている。