Category Archives: compare notes

かえる目、フォッサマグナをひとまたぎ。

2016年の年の瀬に、名盤『切符』をリリースしたかえる目。その独特、特別、異様、でも素敵な世界観は、他と比べるものなし……なんだけれど、どのジャンルにも入ることができず孤高感さえ漂い始めた次第。でも、かえる目は、そんな小

popoの3rdアルバム『azemichi』、12/13にリリース!

音のスキマから、自分がどこにいて何をしているかが、暖かく伝わってくる。 より確信的で、軽妙さも増したスカ・ジャズ・サイケ?なアンサンブル!(エマーソン北村)  2本のトランペットとオルガン、だけ。そのシンプル極まりない組

yojikとwanda、『フィロカリア』を聴く前夜。

東京と大阪を行き来しながら、ありそうで、でもどこにもないたおやかなポップスを編み続けるyojikとwanda。これまで2枚のアルバムをリリース(これ、めっちゃいい!)してきた彼らのフル・アルバムを当方compare no

待望の7インチブック、本日ついに発売です!

お待たせいたしました! 本日、ついに“うつくしきひかりと惣田紗希”の7インチブック「木漏れ日のうた」が発売されます! いやぁ、長かった。こんなに時間がかかってしまったことを本当にお詫びさせていただきます。この1年、いろい

9月2日、うつくしきひかりと惣田紗希、リリースです!

お待たせしました! うつくしきひかりと惣田紗希の7インチ・ブック『木漏れ日のうた』ですが、発売延期のまま情報が滞ってしまいましたが、ついに再告知できます。 遅れに遅れてしまいましたが、9月2日、出ます。絶対出ます。なぜな

うつくしきひかりと惣田紗希『木漏れ日のうた』ep

静謐、と呼ぶにはちょっと愛らしすぎて。ポップス、と呼ぶには、あまりに透明すぎて。ただただ、うつくしきひかり、というそのバンド名から想起される通りの音楽。 そのキュートさだけで語るには、どこか切なくて。揺れる水面のような柔

かえる目、今年最後のライヴが決定!

大きく話題になることはなく、ずっと静かに……にもかかわらず、ちゃんと時を経て多くの方に伝わる(確信がある)音楽というのがあります。正直、当方のレーベルからリリースさせていただいている方々のほとんどが、大きなブレイクはしな

三田村管打団?『!!!』on sale!!!

ついに、ついに本日7月12日、三田村管打団?のサード・アルバム『!!!』がリリースされましたー。いやぁ、本当に、こちらの話なんですが、今回のアルバムは昨年夏くらいにはリリースできればと思いながらも進めてきたのですが、諸事

三田村管打団?がやってくる、ヤアヤアヤア

こんにちは。これまたお久しぶりです(笑)。 mapupnews、また音信不通が続いておりますが、ま、人それぞれ事情がある。事情はあるよねー、ということですが、それでも楽しいことは突然やってくる。そう、天上の楽団・三田村管

ホンタテドリ、レコードついに完成!

先々週の土曜日、レコード発売記念ライヴを行なったホンタテドリ(宇波拓・秋山徹次・佳村萠)ですが、実はレコード自体が税関で止まっていたこともあり、発売記念とは名ばかりの、「レコード・ジャケットお披露目ライヴ」になってしまい