Category Archives: about map

ダウンロード販売について、少しだけ思うことを。

えーっと、ちょっと言葉にせなあかんなぁって思うことがあって、まぁ、どっちでもええんやけれど、どっちでもよくないのかな? どうなのかな。ま、心に移り行くよしなしごとを、なかなか見つけれられないサイトの端っこでちょいとつぶや

ルートビアの思い出

最近、井上智恵ちゃんとカレー話を続けていて、その流れでふと「ルートビア」の話になりました。考えてみればルートビアって、コーラよりも古いアメリカの私家版ドリンクなわけで、コレを作れないかなぁと思いながらいろいろ調べていたら

新たな日常を歩き始めるために。

今回の震災で犠牲になられた方に、心からお悔やみ申し上げます。そして、被災された多くの方、まだまだ余波も続く中、心も体も本当に大変だと思います。今、ここに書いていることは見ることはできないのは分かっています。それでも、ただ

雑誌というもの

真面目な話を少し。 自分は、かつて月刊誌で数年働いていたこともあるし、数年間、音楽系の業界誌/フリーペーパーを作ることで生活していた時期もある。そして、実際、mapというのは、福田教雄と共に「雑誌」を創ろうということで始

祭りのあと

風邪をひいた、ような気がする。いや、風邪なんてひいていない。ひいてないぞ。ひいたと思うから風邪になるんだ、と無駄な精神論。 1週間前から上の子が咳き込み始め倒れ、治ってきたと思ったら下の子が倒れる。昨年、一昨年と子供が入

犀1

子供のころ、サイという動物が大好きだった。なんだか恐竜を思わせるような厳つさを持ちながら、でも、目だけはどこか可愛げを感じさせる動物だし。それは、高校生くらいになってもまだまだサイが好きで、当時、なかなか厳つかった天王寺

map meets Fumihito Taguchi

円盤店主・田口史人と話すのは楽しい。それは、確実な音楽知識や現場主義に依る部分も大きいけれど、それ以上にいつだって他人が考えないような無茶が、頭の中に蠢いているから。2010年の円盤ジャンボリーにmap nightを企画

first decade of map

今から11年前、sweet dreamsという現在の日本において最高のインディマグを作っている福田教雄と、現在なぎ食堂で日々中華鍋を振り続けている小田晶房の2人でスタートしたmap。当初は『map』という音楽雑誌を定期刊