待望の7インチブック、ついに発売です!

お待たせしました! うつくしきひかりと惣田紗希による7インチ・ブックがようやく完成しました。9月4日リリース予定。穏やかで、そして強く、心を締め付ける音楽です。 More »

緻密に編み込まれたポップネス、穏やかなようで鋭い刺を持った言葉。yojikとwandaのサード・アルバムが完成。驚け、いや、自分たちが驚いた。 More »

 

コンペアノーツレーベルの風景

最初にひとつ。今回3月15日リリースの予定でしたシラオカ『部屋』ですが、今回の震災も含む諸事情により発売が遅れております。本当に申し訳ありません。まだ現状見えない部分もあるのですが、かえる目発売日24日には間に合いそうで

今日もちゃんといる

なんだか、日々、ちょっとした時間単位で心がグワーっと締め付けられたり、少し楽になったりしながら過ごしています。一時的にお休みさせていただいている「なぎ食堂」へと向かいいろいろと片付け物、その後、渋谷の状況について、知り合

いろいろな話。

とにかく、世の中が凄いことになっています。本当に情けないのだけれど、心の平静を保つことで精一杯だったりします。テレビを見たり、webから情報をいくら導いてみても、自分には何もできないわけで、ただただ呆然と目の前に起こって

新たな日常を歩き始めるために。

今回の震災で犠牲になられた方に、心からお悔やみ申し上げます。そして、被災された多くの方、まだまだ余波も続く中、心も体も本当に大変だと思います。今、ここに書いていることは見ることはできないのは分かっています。それでも、ただ

テニスコーツ「上を向いて歩こう」

テニスコーツ「上を向いて歩こう」2011年3月12日 旧グッゲンハイム邸にて

ジャド・フェア、西へ

ジャド・フェア、よかったよねぇ。本当によかったなぁ。なんだろ、この誰かに「良かったよねぇ」と言いたくなるような感じ。幸せの共有、決して押し売りなんかじゃない。もちろん、分からないことだらけ、頭の中には「?」の文字でいっぱ

前野健太『ファックミー』

前野健太の新作『ファックミー』を聴いた。最初は、いいんだけれど、あまりにスルリと聴けてしまうこと自体に違和感、でも何度も聴いてみて、少しずつ少しずつ、もやもやとしていたものが晴れていくような気がしてる。それについてちょい

オクノ修

オクノ修、と呼び捨てで書くことなどやっぱりできない、オクノ修さん、である。京都の老舗(何しろ70歳を越える俺の両親がデートに使っていたというほどの老舗っぷり!)喫茶店である六曜社の地下店で、水曜日以外の毎日、ゆっくりとし

雑誌というもの

真面目な話を少し。 自分は、かつて月刊誌で数年働いていたこともあるし、数年間、音楽系の業界誌/フリーペーパーを作ることで生活していた時期もある。そして、実際、mapというのは、福田教雄と共に「雑誌」を創ろうということで始

かえる目 驚愕の映像

来る3月24日のループライン(惜しまれつつ3月いっぱいで取り敢えず終了。残念!)の発売記念ライヴ「拝み借り」が既にソールドアウトしてしまったかえる目。席数40席ゆえに、本当に申し訳ございませーん! たぶん、この先、東京だ