待望の7インチブック、ついに発売です!

お待たせしました! うつくしきひかりと惣田紗希による7インチ・ブックがようやく完成しました。9月4日リリース予定。穏やかで、そして強く、心を締め付ける音楽です。 More »

緻密に編み込まれたポップネス、穏やかなようで鋭い刺を持った言葉。yojikとwandaのサード・アルバムが完成。驚け、いや、自分たちが驚いた。 More »

 

うつくしきひかり【9.10 神保町イワト】

うつくしきひかり、という名前がとにかくいい。多くの人がそうだと思うけれど、この名前で想像する音っていうのがあって、実際、耳にした時、そこに違和感が何ひとつ存在していないという整合性に、また感動するのだと思う。ただ、これが

popo【9.10 神保町イワト】

popoは、音を聴く前から好きだった。「そんなことあるのか?」って言われるだろうが、長く生きてくると、そういうことも(時々)ある。で、実際にその音をはじめて耳にした時、「こんな形で“新しい音楽”が生まれるとは!」と感じた

かきつばた 【9.9 WWW】

大阪に西川文章あり、という話は以前もちゃんと書いたけれど、彼のパーマネント・バンドである「かきつばた」に関して、実は知る人は少ない。「関西ノーウェイヴ以前のインスト・ロック・サウンド」って言われたとしても、まったく想像付

両想い管打団!(三田村管打団?+片想い)【9.9 www】

もし、そう、もしほんのちょっとでも音楽に興味があって、たまたまこのページを読むことになったのであれば、騙されたと思って9月9日の「両想い管打団!」を見に来て欲しい。たぶん、ここには音楽の持つ原初の歓びがあるから。まったく

Pop Underground Showcase 2012

えーっと、告知告知の大告知です! mapを中心に、いろんな友人たちと共に、9月に「Pop Underground Showcase」というイベントを企画中でございます。 いや、もう、「ライヴを企画する」なんてぇことは特に

アルコールを売るということ

2年近く前に酒を飲むことをやめた。2年より前の自分を知ってる人は本当に驚くだろうけれど、とにかく2年前、諸事情によって酒を断った。本当はねぇ、なんだ、あの「断酒会」とか「AA」みたいなのに行かなくちゃ無理かなぁって思って

小さい社会だからこそ、の。

言葉にせなあかんこと、言葉にしようと思うこと、なんとなくとしたもやもや、そういう類のものが気持ちの中にいっぱいになってる。原発のことだったり、生活のことだったり、音楽のことだったりいろいろ、もちろん嫁はんや友人といろいろ

カウント蔑視〜、じゃなくって

うつくしきひかりのライヴを見ていて、特に好きな瞬間がある。あ〜、コレは俺だけじゃないよなぁ。絶対、俺だけじゃない。ずっと彼らのライヴを追いかけてるhikoくんやうつくしきのジャケットを書いてくれた(で、彼女がデザインした

うつくしきひかりのうつくしきじかん

「この瞬間が止まればいいのに!」って思うこと、本当にあるよね? 「あるよね?」って誰に訊いてるんだって思ったりもするけれど、ちょっと他人とそんな思いを共有したい、そんな感じ (ちなみに来週の夜のピンチヒッターのお題は「魔

無駄だからこそ守らなあかん

タワレコのキャッチフレーズ(なのか?)でもある「No Music, No Life」って言葉が、初めて耳にしたときからずっと違和感を感じていて、そして、未だに嫌いだ。別にタワレコ批判とか、このコピーを考えた某ディレクター